イロイロ独学

公務員試験勉強法、書籍、おすすめの商品etc を紹介していきます。。

自己PRについて(所要時間5分程度)

今回は自己PRの考え方について書いていきたいと思います。

私自身、コンサルティングのプロでもなんでもなく、実際に自分が就職活動、転職活動をする中で、意識していた事なので、これから書く事は当たり前の事ですが、

読んで頂いた方の気付きに少しでもなれれば幸いです。

 

私自身、元々人見知りで、自分の意見を相手に伝える事がとても苦手な人間でした。

しかし、そんな人見知りの人でもしっかりと受け答えできる方法があります。

 

それは誰よりも準備をする事です。

 

自分が受ける企業、市役所、官庁がどのような事を主軸にして取り組んでいるのか。

その中で自分の力がどのように活かす事が出来るのか。

そおいう事を考え、どのような内容で自己をPRするのかという事を考えてみてください。

 

まず、自分の強みはなんですか?

その強みが発揮されたエピソードはありますか?

そのエピソードの中でどのようなところを心掛け、どのような成果を得て、そこから何を学びましたか?

その強みはどのような形で仕事に発揮できますか?

もし、そのエピソードを掘り下げられた質問をされた時、答える事が出来ますか?

 

このような事を全て紙に書き出し、自身で答えを書いてみてください。

これをつなげれば、

「自己PRを発表し、面接官から質問をされ、それに答えるところまでを想定したもの」

の大枠が完成します。後はエピソードに具体的な要素や、言い回しを変えるなど、肉付けを行っていけば完成度が増します。

 

完成したものは、必ず誰かに見せてください。そして意見をもらってください。

自分で考えたものはどうしても主観なので、他人に見てもらった時、どのように感じられるのか?というのはとても重要です。友達、先生、親、誰でもいいです。

 

そして自分でも納得のいくものが出来上がれば、それを実際に面接で発表しているようなイメージで、声に出して読んでください。

 

紙に書いているモノを実際に声に出して発表してみると、意外に流れがぎこちなかったり、言い回しに違和感を感じる部分がでてくると思います。

そおいう部分を相手に伝わりやすいように、自分が言いやすいように、言い方を変えるなどして、流暢に発表できるようになるまで、何回も何回も声に出して読んでみてください!!

最終的には、何も見ずに発表できるようになればOKです。

 

アップルのスティーブ・ジョブズはプレゼンがとても素晴らしいと世界的に有名ですが、それは彼が天性の才能でプレゼンが元々うまいとかそおいう事ではなく、本番までに誰よりもリハーサルを怠らず、一生懸命努力し練習しているからこそ、周りから絶賛されるプレゼンが披露できていたそうです。

 

ですので、みなさんたくさん練習してください!!

そおすれば必ず、出来ます!!

 

私は、面接は確認作業だと考えています。

面接官は「こおいう人材がほしい」というものがあって、「この人物がそれに該当しているのか?」と言う事を確認するためにあなたに質問をしてきます。

何も「困らしやろうとか」、「いじめてやろう」なんて考えて質問をしているわけではありません。

 

ですので、もし面接でダメだっとしたら、それはあなたの力不足ではなく、あなたが面接官が求めている人材ではなかったと言う事です。

 

ですので緊張せず、堂々と自分をPRして、相手に自分がどおいう人間かという事を

理解してもらいましょう!!

 

 

 

【目の疲れ、リフレッシュにどうぞ(^^♪】

 

《セット販売》 花王 めぐりズム 蒸気でホットアイマスク ラベンダーセージの香り (14枚入)×3個セット 目元用温熱シート 【送料無料】 【smtb-s】 【kao6me1pl4】

価格:2,580円
(2018/2/16 19:21時点)
感想(10件)